2005年11月23日

23 Oct. 猿神の水


のんびり時計
          おはよ…
    今朝は目覚ましの音がしなかった。
     who が止めちゃったのかな…
   身支度をしたら、もうすぐお昼だよ(^-^;;; 
                                



ガンジス河対岸部屋を出て、のそのそ屋上へ上がった。
ん〜 晴れ(^-^) 昨日より陽射しがあって暑いくらい。
ヴァラナシのガンジス河対岸には何もない、人も住まない。
「なぜ?」と尋ねると、色々な答えが返ってくる。
対岸は「雨季になると河の増水で沈むから」とか、
「不浄だから」とか、逆に「神々の場所だから」とか…

モーニングチャイパニール 屋上には小さなレストランがある。
 スパイス入りのマサラチャイを頼んで、
   モーニングチャイを飲みながら
  河を眺める贅沢なひととき♪
パニールと呼ばれるチーズ入りのカレーと
 バター入りのチャパティーも頼んで
   休暇気分の遅い朝食。
      おいしい(^-^)

洗濯洗濯物ガンジス河のいたるところで、
こんな洗濯風景が見られる。
家庭の洗濯というより、
大概プロの洗濯屋さんたちで、
洗っているのは男の人が多い。
色鮮やかなサリーやターバンなど、
大量の洗濯物を干している。
地面に干して汚れないのかな(^-^;;


ハヌマーンガート      ついにガートに降り立った。
 目、耳、鼻、口、心… 全身が何かを感じている。
     ガートは沐浴場であると同時に、
大人達の仕事場、子供達の遊び場、牛達の水浴び場
    そして、ヒンドゥー教徒達の火葬場。
    生きる場所であり、死を迎える場所…
ハヌマーンガートの水60以上あるガートにはひとつひとつ名前がついている。
ここはハヌマーンガートと呼ばれる沐浴場。
ハヌマーンはその武勇と忠誠心で知られる猿の神様だ。
ここで実験のためのお水をくんだ(^-^)
何日か前、偶然リシュケシュでラーマヤーナを見たとき、
物語に出てくる「ラーマとシータの指輪を作りたい」と思った。
ラーマ王子とシータ姫は謀略にかかり森の中で暮らしていた。
ところがある日、シータ姫が魔物にさらわれてしまう…
               そんなとき、シータ姫を捜すラーマ王子を助けたのがハヌマーン。
               ラーマの指輪をシータに届け、シータの宝飾品をラーマに届けて、
               互いの身元を知らせ、愛情の証を運んだという猿神なのだ。


香水屋さん香水街をふらふらしていたら、
ちょっと心惹かれるお店を発見。
小さなガラス瓶が並んでいる♪
香水屋さんだ。
瓶が可愛らしかったので、
いくつか見せてもらったら、
その中に「ヒマラヤンムスク」という香り。
また「ヒマラヤ」にやられたの p^-^;;;

お菓子屋さんお菓子さらにふらふらしていたら、
またも気になるお店を発見!
さまざまな形が並んでいる♪
お菓子屋さんだ〜
形がとても面白くて綺麗だったので
いくつか買っちゃった(^-^)
これは1つ2ルピー(約7円)。
砂糖漬けみたいにとっても甘い。

インド駄菓子バナナ今日も買っちゃったインド駄菓子、
やっぱり相当に手ごわい。
スパイスを固めたような… あはは
指輪の街から勇者が名乗り出る日、
楽しみにしています♪
そしてこれは「バナナ」だ!(^-^;;
ふふふ なぜか写真に収めてた。
ちなみに5ルピー(約17円)だった。


野外実験C    夕方、ホテルの屋上に陣取って、
 ゆったりと流れてゆくガンジス河を眺めながら、
     第4回野外実験を開始する(^-^)
   ハルドワールで手に入れたルビーと、
 リシュケシュで見つけたサファイアを使おう!
     初めて作る大きな石の指輪だ。
        どうなることやら…
      さ、猿神の水を銀の粘土に練りこもうォ〜
猿猿猿凧凧凧ふと隣の建物を見ると、
すぐ下に大勢のハヌマーンが〜
牛と同様、猿もハヌマーンとして
大切にされているみたいだ(^-^)
空に小さな黒い点々。
何だろう? 目を凝らしてみると、
空一面を凧が飛び交っている。
ヴァラナシでは今、凧が熱い!
野外実験C         すっかり日も暮れた頃、
            できた(^-^)/
        いたってシンプルな石の指輪。
    昨日、街中で手に入れたヒンディー語練習帳が
       このあとでちょっと役に立つはず♪

        ここで生まれた2つの指輪に
           猿神ハヌマーンが
                      固い絆をお与えくださいますように…
posted by mee at 23:39| Comment(0) | 冒険の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: